住宅ローンの金利タイプは3つに大別される:住宅ローン 控除・減税から金利シミュレーションまで

住宅ローンの金利タイプは3つに大別される

住宅ローン,と一言で言っても,住宅ローンにはさまざまな選択肢がある事をご存知だろうか?
どの金融機関で借りるのか,そしてどう言ったプランを選ぶのかで住宅ローンの金利は大きく変動する.
ここでは,住宅ローンの金利の種類についてご説明したいと思う.

まず,住宅ローンには大きく分けて三つの金利タイプがある.
それは,固定金利期間選択型,全期間固定型,変動金利型だ.

固定金利期間選択型は,固定金利の期間を最初に選択し,それ以降は変動という形に移行するタイプだ.
全期間固定型は永久に金利の変わらないタイプ,変動金利型は返済日数によって金利が変動していくタイプだ.

それぞれの特徴としては,全期間固定型はずっと金利が変わらないものの,最初から金利は高めになっている.
それに対し,変動金利型は速やかに返済できれば低金利だむ反面,期間が長引けば長引くほど金利が上昇すると言う方式になっている.
前者は安定を,後者はハイリスクハイリターンをそれぞれ含んでいるのだ.
そして,その中間に位置するのが固定金利期間選択型という訳だ.

現在,最も多く利用されているのが固定金利期間選択型だ.
全期間固定型ほど最低金利が高くなく,変動金利型ほどリスクが高くない上に自分で固定期間を選択できる事が人気の要因となっているようだ.

住宅ローンの返済は大抵の場合,長期に渡って行われる.
それ故に,自分に合う返済方法をしっかり見極めなければ,後々苦労してしまう事になるだろう.
しっかりと計画を練って,無理のないプランを選択する事が望ましいのだ.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/120