住宅ローン控除の条件は床面積や返済期間など:住宅ローン 控除・減税から金利シミュレーションまで

住宅ローン控除の条件は床面積や返済期間など

住宅ローンに控除制度と言うものがある事をご存知だろうか?
住宅ローン控除とは,正式名称を『住宅借入金等特別控除』と言い,住宅ローン開始時に一定の条件を満たしていた場合に,何%かの所得税が還付されると言う制度の事を指する.
つまり,負担が減るという事だ.

この住宅ローン控除を受けるには,以下の条件を全て満たす必要がある.

・住宅の床面積が50平方メートル以上である事
・中古住宅においては,耐火構造(マンションなど)は築25年以内,それ以外は築20年以内である事(ただし,2005年4月以降の取得に関しては新耐震基準に沿うものとする)
・店舗や事務所などの併用住宅若しくは増改築の場合は,居住部分が全体床面積の半分以上である事
・住宅の取得後,6ヶ月以内に入居し,控除を受ける各年いっぱいまで引き続いて居住している事
・控除を受ける年の所得が3000万円以内である事(給与所得のみの場合は年収3336万円以内)
・取得した年とその前後2年間において,3000万円特別控除などの特例控除を受けていないこと
・建築物及び敷地を取得する為の返済期間10年以上のローンである事

これらの条件をどれかひとつでも満たしていない場合は,住宅ローン控除は受けられない.
申告する際にはしっかりと事前に確認しておく必要がある.
と言うのも,こう言った条件の多い控除にはトラブルが付きものだからだ.
全ての項目を事前にチェックしておけば,申告も滞りなく円滑に進むだろう.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/119