金融機関によって異なる長期固定金利の住宅ローン,「フラット35」:住宅ローン 控除・減税から金利シミュレーションまで

金融機関によって異なる長期固定金利の住宅ローン,「フラット35」

住宅ローンのフラット35をご存じだろうか?
フラット35とは長期固定金利の住宅ローンだ.
民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して行っている融資だ.
フラット35は,都市銀行,信託銀行,地方銀行,信用金庫,信用組合などで扱っている.
金利は各金融機関によって違う.

最長で35年間,固定金利が適用される.
融資を受ける最初の金利が重要だ.

フラット35は借り入れできる金額が物件の金額の9割までだ.
フラット35の住宅ローンを組むには頭金が1割以上必要だ.
また,融資対象の物件が,受託金融支援機構が定めた建築基準に適合していることが条件だ.
しかし,建築基準法違反でなければ,ほぼ融資対象となるだろう.

フラット35の住宅ローンを借り入れするには,諸費用がかかる.
諸費用の額は,わりと大きいために,返済の総額が大きくなってしまう可能性があるので,注意が必要だ.

フラット35は団体信用生命保険に加入しなくても,借り入れはできる.
しかし,ほとんどの場合,加入することになる.

現在は,各金融機関で独自の長期固定ローンを扱っている.
金融機関にとっては,フラット35はあまり利益がないので,積極的にはすすめてこないと思われる.

借りる方の条件によっては,フラット35しか借り入れできない場合と,銀行の住宅ローンしか借り入れできない場合,もしくは両方とも借入可能な場合があるだろう.
ご自身に合った住宅ローンを選択するには,それぞれの総額を出して検討してみるのが良いだろう.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/98