35年間に渡って金利を固定 新しい住宅ローン「フラット35」:住宅ローン 控除・減税から金利シミュレーションまで

35年間に渡って金利を固定 新しい住宅ローン「フラット35」

2003年,住宅ローンに革命的とも言えるひとつのプランが誕生した.
それが『フラット35』だ.

このフラット35とは,住宅支援機構と民間金融機関が協力し,35年間と言う長期に渡って金利が固定される住宅ローンの事だ.
それまでにも金利固定型のプランはありましたが,最大35年と言うのは極めて異例と言えるプランだ.

このフラット35は,他の住宅ローンと比較して,さまざまなメリットがある.
まず,金利水準自体が低い事だ.
平均金利は3%を割っており,中には2.5%くらいの金利で住宅ローンを組める会社もある.
これだけの手金利で長期間固定できるのだから,相当有利なプランといえる.

次に,保証料が必要ない事も有利な点として挙げられるだろう.
保証料は状況によっては数十万円と言う金額が必要になるので,これが全て浮くと言うのはかなり大きいのではないだろうか.

更に,融資対象物件が公庫よりも広かったり,繰上げ返済手数料がなかったりと,いい事ずくめだ.
収入基準も公庫より緩いようだ.

そして何より魅力的なのが,長期に渡る金利固定だ.
金利の変動が一切ないと言うことは,ローンを組んだ時点で完全返済までの金額が全て決定すると言うことなので,金利上昇に伴う返済額の変動など一切気にする必要がなく,不安のない返済を行うことができるのだ.

住宅ローンを借りる際に最も日不安に思うのは,金利の上昇によって返済が追いつかなくなる点だと思う.
フラット35にはその不安を取り除くために発案されたプランなのだ.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/102