住宅ローンの審査基準は完済時の年齢や年収,勤務先:住宅ローン 控除・減税から金利シミュレーションまで

住宅ローンの審査基準は完済時の年齢や年収,勤務先

住宅ローンを借り入れするに当たって,各金融機関では借り入れをする方を審査する.
これは,消費者がローン返済の能力がどの程度あるのかを見極める為に必要な作業なので,どう言った金融機関であっても行う.

では,その審査の基準とはどう言ったものなのかについてご説明する.

まず,申し込み時の年齢と完済時の年齢だ.
大体の場合は20歳〜80歳までの間でなければ住宅ローンを組む事ができないようになっている.

次に,返済能力に処決する部分である年収,勤務先,業種,雇用形態,勤続年数などを審査する.
具体的には,安定職種なのか,それとも不安定職種なのか,給与のみなのか,歩合給制なのか,親族の企業に勤めているのか……と言った項目について審査を行うようだ.
勤続年数は三年以上が一般的な条件として挙げられるみたいだね.

後は,健康状態や社会保険の加入状況,資産の状況に関しての審査も行われる.
これらも直接的ではないだが,返済能力の一環としてみなされている.

そして,最も厳しく審査されるのが他の金融での借入状況だ.
キャッシングや自動車ローンなどを行っているのか,行っている場合はどう言った返済状況なのか,と言った事に細かくチェックが入る.

ローンと言うシステムは,金融期間と消費者の信頼関係の下に行われるものだ.
その信頼を見る上で,過去のローンやキャッシング,現在の返済状況は最もわかりやすいのだ.

こう言った審査をクリアして,はじめて住宅ローンを組む事ができる.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/113