住宅ローンに入るなら火災保険への加入は必須:住宅ローン 控除・減税から金利シミュレーションまで

住宅ローンに入るなら火災保険への加入は必須

住宅ローンを借りる場合,火災保険への加入は基本的に行う必要がある.

住宅ローンは長期間に渡り組まれるものなので,その間に火事にあうということは当然想定されるケースだ.
この際,保険に入ってないと,住む場所は無くなってしまったのに上住宅ローンは残っていると言う状況になってしまう.

当然ながら返済能力は大きく失われ,借りた側,貸した側の双方にとって大きな損失になることは疑いようがない.

そのリスクを避ける為に,火災保険は必須なのだ.

火災保険は住宅ローンの一部ではないが,大抵は住宅購入時に金融機関が指定した火災保険への加入を促される.
また,プランの中には火災保険への加入を義務付けているものもある.
理由は上記の通り,余りに大きいリスクを可能な限り回避するためだ.

ちなみに,火災保険は火災のみを対象としているわけではない.
落雷,大雪,台風などの自然災害や空き巣による盗難などの補填も範囲の中に入っている.
あらゆる危険から家を守ってくれるのが火災保険なのだ.
ただ,地震に関しては別個加入する必要があるようだ.

更に,火災保険は建築物だけでなく,家財も対象とすることができる.
火災保険に加入する場合は,この両方を対象とすることをお勧めする.
例えば,小火でタンスやテーブルが燃えたと言う場合にも,しっかりと保険が降りるようになっている.
また,仮に全焼した場合でも,建築物と家財では別個に保険料が支払われる.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/108