保証料で連帯保証人となる住宅ローンの「保証会社」:住宅ローン 控除・減税から金利シミュレーションまで

保証料で連帯保証人となる住宅ローンの「保証会社」

住宅ローンを組む際,担保や保証人が必要だ.これは,借入を行った消費者に万が一のことがあって返済能力が消失してしまった場合に対するローン会社の保険だ.これがなければ,ローンと言うシステムは成立しないのだ.

しかし,住宅ローンはあまりに金額が膨大で,更に返済期間も長期に渡る為,連帯保証人になるリスクがあまりに高く,例え近しい人であってもまず自分がなろうと思う人はいない.
自分の生活基盤が脅かされてしまうのだから,人情云々以前の問題だ.

よって,住宅ローンと言うシステムを成立させるには,別の方法で連帯保証を承る存在を生み出さなければならない.
そうやって生まれたのが,信用保証会社と言う会社だ.

信用保証会社は,ローン利用者が保証料を支払うことで,連帯保証人となる.
つまり,お金で信用を買い,その信用で連帯保証を承ると言うことだ.

民間の住宅ローンを利用する場合は,保証会社の債務の保証請負が義務付けられている.
やはり膨大な金額なので,一般の方では返済能力が追いつかないのだ.
でも専門の会社であれば,ローン会社も安心してお金を貸せます.

お金でお金を借りる為の信用を買うと言うのも奇妙な話だが,こう言ったシステムにしないとローンは成り立ちません.
そもそもローンと言うものは,消費者と金融機関と言う信頼や情のない関係の中でお金の貸し借りを行う訳だから,客観的な立場の保証がないと立ち回らない.

この世の中で一番客観的なのは,お金なのだ.
よって,このシステムは極めて合理的といえる.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/101